港区は国際色豊かな街です。日本にある大使館のうちおよそ半数が港区にあるという事情から来ています。南麻布や六本木などにあるお洒落なたたずまいのフランス大使館やスウェーデン大使館。この界隈を散策するだけで日本に居ながらプチ外国旅行に来た気分になれるかもしれません。国際的な街は当然、外国人好みのショップも多く、プラチナ通りなどにはお洒落なカフェやブティックがたくさん軒を連ねています。実際に飲食や買い物をしなくても、散歩しているだけで楽しくなる街です。また港区は、国際色豊かなだけではなく、緑濃い大自然にも恵まれています。プラチナ通りの近くには、国立科学博物館付属自然教育園もあり、鬱蒼とした森の中を散策すると四季折々の植物が優しく出迎えてくれます。外国の大使館も、この港区の自然豊かな環境を考慮して設置されたのかもしれませんね。最高の職住近接の街、それが港区なのです。

そんな、港区の不動産査定をした場合は今いくら位で売ることができるのでしょうか。現在港区の坪単価は約900万円!前年比と比べると5%以上地価が上がっているそうです。やはりこれは2010年の東京オリンピックの影響があると言わざるを得ないと思います。もし不動産売却をお考えの方がいらっしゃった場合は売却のタイミングがとてもむずかしいと思います。とは言え、不動産投資などは全てタイミングなのでやはり日夜しっかり情報を収集してご自身のお持ちの土地を少しでも高く売れるようにする必要はあるかと思います。もし知識が無いような方などは素直に不動産屋さんを見つけてお願いするのが結果的には効率がいいかと思います。

私はペット可の賃貸分譲マンションに住んでいます。
ここを選んだきっかけもペットを飼育したいと長年思ってきたからです。入居してすぐにペットを飼育し始めました。マンションにはペットクラブがあり、同じマンションに住むペット(主に犬、猫)を飼育している方々との交流の場となっています。一緒にお散歩を楽しんだり、ペットの体調や病院の情報交換などができてとても助かりました。ペット同伴でのお出掛けや、ペット抜きでの飼い主同士の交流会など、とても楽しく有意義に過ごしています。ですが、マンションにはペットが嫌な方もいらっしゃるので、共有スペースではペットを抱いて移動をするなど、ペットを飼育している者のマナーには十分注意しています。

港区は大きなショツピングモールがあります。一つは六本木ヒルズです。中にはショツピングモールが連なり映画館もあるので、土日祝日は子ども連れの方々が多くいらっしゃいます。シンボルとしては、森タワーがあり、最上階には展望台もあります。六本木の街並みを見渡せるので、カップルには人気のスポットでしょう。けやき坂にはブランドショツプが並び、1日かけてお散歩がてらあそべるでしょう。

もう一つは、東京ミッドタウンです。ここは、六本木ヒルズ程広くはありませんが、やはり、ショツピングや、食事をするには最適なところだと思います。六本木の街中にあるので、大変交通の便も良い所です。ここには、敷地内に港区屈指のマンションがありますが、地下にスーパーもあるので、生活には大変便利です。このように港区は遊ぶのも良いし、生活をする上でも便利な所だと思います。

港区で部屋探しをするならまずは駅近であることと同時にどれだけ一等地に近いところを選べるかだと思います。
落ち着きを求めるなら麻布十番や白金高輪あたりの港区のマンションがオススメです。多少うるさくても利便性が高いのは六本木駅や赤坂の方面になると思うのですが、わたしは犬を飼っているので公園など緑が近くにあるということも欠かせません。
また六本木の方はやはり夜から朝にかけての治安が悪いので通学や通勤の際に家族が何かトラブルに巻き込まれてしまうことほど怖いことはないと思いますので、やはり港区の中でも安心安全で住宅街に落ち着きがあるというポイントは外せないと思います。
また港区はとても坂が多い地域というイメージがあります、家にたどり着く手前に大きな坂などがないかもしっかりチェックしたいです。